リゾートバイト

【リゾバ】センチュリオンホテルテクノポート福井で働いた体験談

8月繁忙期シーズン。派遣会社からお声がかかり、気合をいれスタートしたビジネスホテル「センチュリオンホテルテクノポート福井」でのリゾートバイト。職種は洗い場でした。
いざ働き始めると、客数に差がなくとも、職場により自由度や疲労度に雲泥の差があることにおどろかされました。

ここでは福井県にあるビジネスホテルでの洗い場体験談のほか、派遣先選びのコツなどもご紹介してみたいと思います。

私が勤めていたセンチュリオンホテルテクノポート福井では、周辺に恐竜関連の名所があることから、夏休みにお子さん連れのご家族がひっきりなしに宿泊するという、忙しさ満点のホテルでした。

朝夜の中抜け勤務で、朝は2人~3人、夜は6人で一気に洗い物を洗い上げるという仕事内容。繁忙期は8月と年末年始で、この時期に一気に稼ぎ、閑散期にはのんびりと福井観光を楽しみました。

洗浄機2台を完備した洗い場は、厨房とは別の階に広々と備え付けられていました。一般的に洗い場といえば厨房と隣り合わせの場合が多いと思います。しかし実は、こういった些細な職場環境の差が、人間関係のストレスや働き方の自由度をグッと変えていくのだと気付かされました。

旅館の洗い場(裏方全般)を経験した方ならお分かりのとおり、厨房併設の洗い場は料理長のシモベ…いえ、お側仕えとしての仕事が多くなってしまう場合があります。昔気質な方に当たれば、料理長の目の動きを常に監視し続けないといけないなんてこともありますね(笑)

リゾバで洗い場を希望の方、特にある程度のびのびとした働き方をしてみたい方は多いとおもいます。そんな人は、洗浄機の有無だけでなく、厨房と離れた場所にある洗い場なんてレアな職場があるかを派遣担当さんに聞いてみるのもいいかもしれません。

音楽を聴きながらの勤務OK!洗い場の仕事の少ない日にはプラスアルファで清掃を手伝いに行ったりと、勤務時間もある程度調整がききやすい印象でした。忙しかった日の翌日は「ちょっと早めに帰るか」なんてこともできました。もちろんズルはなしです(笑)

自由度が高い職場でしたが、一方で自由すぎるがゆえのデメリットもありました。

同僚は派遣ではなく地元のおばあちゃんたちが多く、無断欠勤、遅刻は当たり前。なんと、勤務中に突然、同僚のおばあちゃんが神隠しに!なんてこともありました。どこかで倒れているのでは!?それはもう、みんなで大騒ぎでした。この時は勤務中、勝手に帰宅していたというオチだったのですが(笑)

派遣に対して地元の人or外国人がやけに多い職場というのは、派遣やバイトが定着する環境がととのっていない可能性があるという事もあるようです。最後の砦である地元おばあちゃんたちの暴走に、責任者たちも目をつぶらざるをえないという職場はあまりオススメしません。これも事前に派遣営業さんに要チェックの項目です。

そんなリゾートバイトの体験のなかにも、とっても温かみのある出会いもありました。尊敬できる恩師との出会いです。その方とは未だに連絡を取り合うほどの仲になりました。

リゾートバイトはフリーターや学生、主婦だけでなく、地元を活気づけてきた元サラリーマン、自営業のかたわら副業として働きに来ている人など、様々な経歴をお持ちの人たちが集まります。

私のような自身の将来に対して迷走中の若者が、人間関係の勉強、貯金、そして閑散期にじっくりと将来を模索する。そんな環境としてはうってつけなのではないかと思います。

今回のリゾートバイトでは、5か月間に40万円ほどの貯金に成功しました。センチュリオンホテルテクノポート福井の求人は良いところと、事前に派遣の太郎さんが教えてくれました。リゾバの中でもオススメな派遣会社はこの人に聞きました。

もう一度 リゾートバイトを やりたいですかと言われれば、微妙です!(笑)
ただ、あの経験は無駄ではなかったなと、しみじみと振り返って思い出されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です